産後、胸が垂れてしまう主な原因について

特に産後のバストはハリがなくなったり身体の中でも変化しやすい箇所。体重やホルモンの影響で気が付けば垂れてしまいます。

産後、胸が垂れてしまう主な原因について

胸の膨らみは、女性を象徴する大切な箇所ですが、人によって、その大きさは様々です。
大きい人もいれば、逆に貧乳で悩む人もいて、Aカップの人にとって、Dカップなんて、羨ましい存在でしょう。
逆に大きすぎる胸にコンプレックスを感じるという人もいて、無い人には敵対されてしまいそうですが(笑)

 

しかし、大きくてベストな胸の膨らみは、年の経過とともに、段々と下へ下へと落ちていきます。
これは引力という地球の原理であり、大きな胸はそれだけ重みがあり、年齢の経過で、ハリと弾力が奪われた胸は、当然下へ下がってしまうのです。

産後、胸が垂れてしまう主な原因について

とは言っても、仕方ないからと諦めるべきなのか、いえいえ、諦めてはいけません。
正しいケアをしていけば、誰でも胸の垂れを予防することが出来ます。

 

若い頃は小さかった胸も、年齢を重ねるごとに大きくなり、子どもを妊娠し、出産する時期は特に乳腺の発達が凄いので、今までにない巨乳を味わうことが出来ます。
出産後になれば、その胸ははちきれんばかりの大きさに膨らみ、貧乳だったという人にとっては、まさに嬉しい状態なのですが、それも一時のこと、いずれはしぼんでしまうでしょう。

 

しぼんだ胸は、どうなるか、勿論垂れます。

 

この垂れを防ぐには、まだはちきれんばかりの状態の時に、マッサージを行うのです。
お風呂上りのマッサージは、血流が良くなっているので、リンパに沿ってケアすることで、より一層ハリと弾力効果を得ることが出来ます。

 

これは、既に垂れてしまってはあまり効果が無いので、若いうちからしっかりとケアすることがとても大事と言えるでしょう。
バストがアップしているのは、出産後、授乳期間だけ、それを過ぎれば、だらんと垂れてしまうので、その前からのケアが大事と言うことですね。

 

特に大きな胸の女性は要注意なので、毎日お風呂上りのリンパマッサージを忘れないようにしましょう。
参考記事:垂れたバストは、マッサージで元に戻る!?

 

産後でも十分間に合う!垂れおっぱいケア

 

母乳をあげると、胸が垂れるということで、気にしているママさんが多いのです。
確かに産後は、乳輪が大きくなったり、乳首が伸びてしまったりで、乳全体的にも垂れてしまったと悩んでいる女性も多いのです。

 

一度出来てしまった垂れは、そう簡単には元通りになってくれないのです。
なので、垂れてしまう前からのケアがとても大事であり、例えば筋トレがベストでしょう。

 

産後、胸が垂れてしまう主な原因について

胸というのは、とても柔らかい為、ハリが無くなってしまうと、当然垂れてしまう為、その周りにある胸筋を鍛えて上げることで、しっかりと支えてくれ、又、胸自体にも、ハリと弾力を甦らせてくれるのです。

 

出来れば、妊娠前・産後前からのケアが大事なのですが、なかなか毎日するとなると、結構面倒くさいものなので、手抜きをしやすく、その間にも、胸の状態は刻々と下がって、垂れてきてしまいます。

 

しかし、産後だからと諦めることはありません。
最近では、産後でもしっかりとバストアップしてくれるクリームはありますし、バストのハリを取り戻してくれる専用クリームも登場しているので、そういったクリームを使うことで、しっかりとケア出来ます。

 

又、マタニティブラは、変化しやすいバストのサイズをきちんと保護し、適した環境下で、綺麗なバストをキープします。

 

母乳で育てたから、仕方ない、もうおばあちゃんみたいな胸、なんて悩む必要はありませんし、そういったマイナス思考も、自律神経を見出し、血管を収縮させてしまうので、バストにも良くありません。

 

「自分のバストは綺麗にキープできる」と自分に言い聞かせながら、リンパマッサージ、筋トレに励んでみましょう。卒乳後の胸の張りを戻す方法に関しては『卒乳後の垂れたおっぱいにハリを取り戻す方法』にまとめておりますのでご参考に!

 

 

産後のバストケア関連

サイトマップ

Copyright (C) 2016 産後、胸が垂れてしまう主な原因について All Rights Reserved.